A評価

ザ・シークレットFXは勝てない!?購入して検証レビューしてみた

rai
rai
今回はFX仙人?の須藤氏が手掛けるザ・シークレットFXという教材を購入して検証レビューしてみました。

結論から言いますと「あり」です。と言いますか実際に私が行っていることの1つに近いので、否定する理由がないです。

では早速「ザ・シークレットFX」について見ていきましょう。

シークレットFXの販売ページはこちら

今回の教材には特典を付けてます。この記事の最下部にも書いてありますが特に②と③は要チェックです。購入特典をキチンと受け取るためにはこちらを必ずご確認下さいね。購入特典については記事の一番下にまとめておきますね。

動画でもレビューしております↓

 

ザ・シークレットFXのスペックとは

まずザ・シークレットFXというのがどんな教材なのかを紹介します。

手法 水平線付近での転換を捉えるロジック(主に5分足、15分足)
ツール サインツール、自動ライン描画ツールなど
通貨ペア ドル円、ユーロドル、ポンド円、ポンドドル推奨
価格 29800円(税抜)

ザ・シークレットFXは水平線付近での4つのパターンを見てエントリーしていくというシンプルな手法です。

順張りの場合も逆張りの場合もあります。これは相場に応じて対応していきます。

パターンが出たらサイン表示、メール配信できるツールもついていますし、水平線を自動で描画してくれるツールもあります。

シンプルなので他の手法と合わせて使うことができるのも魅力となっています。

 

ザ・シークレットFXの作者はこんな人

ザ・シークレットFXの作者はFX仙人こと須藤一寿氏。

かつては様々なインジケーターを使うスタイルでトレードしていましたが、巨額の損失を経験してしまった後、これではだめだと本質に立ち返ることを決意したようです。

本当かどうかは知りませんが、鳥取の山奥で膨大な数の相場とローソク足の動きを分析してライン付近の4つのパターンに辿り着いたと。

山奥で検証していたので仙人ということなんでしょうか。このあたりは個人的には聞き流してます笑

 

ザ・シークレットFXを検証・レビュー

ザ・シークレットFXを購入し、実践してみていい点、ネックになる点を挙げていきます。

ザ・シークレットFXのいい点とは

①シンプルなので合わせ技がきく

まず挙げたいのはシンプルな点。水平線付近で4つのパターンを見つけていくものなので、非常にシンプルです。

他の手法と合わせて、根拠の1つとして使うこともできますので、知っていて損がないという感じ。

またシンプルゆえに応用も効きやすいです。

②講義が充実している

とても大事なのはここ。

シンプルな4つのパターンを覚えればそれでいいかというとそんなことはないです。

多くの人が躓くのは「実際にそれをどう使うのか?」ということです。

会員サイト内にはこれでもか!というくらい多くの事例や参考にしたほうがよい点などを解説した動画がたくさんあります。

リアルトレード動画↓

Q&A動画↓

特典動画↓

水平線付近の4つのパターンというロジックではありますが、落とし込むための解説動画の数がとても多いのは良い点です。

③損切りが浅く、勝ち負けがはっきり

ザ・シークレットFXのトレードする場面というのは水平線付近の転換場面です。

見事に転換していけば利益になりますし、転換しなければすぐ損切りです。

中途半端な位置でエントリーしないので勝ち負けがはっきりしていますし、損切りが浅くて済みます。

これは私がyoutube動画のいたるところでリスクリワードが~と言っていますが、まさにそのもの。

私の手法に近いというのは、私自身も水平線に近いところでよくエントリーしておりますし、好んでエントリーしているのは損切りが浅く勝敗がはっきりしているからです。

 

ザ・シークレットFXのネックになる点

次にネックになる点を挙げていきます。

正直特にないのですが、あえて…

①損切りは絶対に必要

これはこの手法に限らないのですが、損切り位置まで来ているにもかかわらず損切りしないと成り立ちません。

パターンが出た=転換を示唆しているのであって、それを否定して転換しなかった場合はより力が強いと考えられます。

にもかかわらず損切りしないとなると自ら負けにいくようなものです。

②水平線の引き方の習得

おそらく多くの人が気になるであろう点がここではないでしょうか?

パターンは認識できるにしても、そもそも水平線を自分できちんと引けるのかどうか。

確かにここは人によっては時間がかかることもあるかもしれません。

ただ、水平線についての解説にもかなり講義時間があるので、これを繰り返し見ることで上達すると思います。

また多くの人は、「エントリーしたいから水平線をなんとか引けないか」と考えていることが多いです。

ではなく「水平線が引けたので、あとはエントリーできる場面があればしよう」というのが正しい順序です。

こういう考え方なら水平線がよくわからん!とはなりにくいと思います。

例えばこのチャートを見て、一番高い所と一番低い所に水平線を引いて下さいと言われたら誰でも引けます。

そしたらそこまでローソク足は来るのを待つ。そしてパターンを待つ。

初めはそれでよくないですか?

多くの人は他にもたくさん線を引いて「なんとかエントリーできないかな~?」とやってしまいます。

 

ザ・シークレットFXのサインツールについて

ザ・シークレットFXにはサインツールが付いています。

水平線付近で4つのパターンが出ると番号が表示されて、メール送信や、アラートを鳴らすことができます。

また水平線を自動描画してくれるツールもあります。

ただ、私的にはどちらも不要。

理由は

  • 勉強にならない
  • 自分でやるほうが精度は高い
  • 他の根拠などと合わせてみたい

からです。

 

ザ・シークレットFXの評価

私が実際に購入して見てみた結果、これは私が普段行っている1つの方法に近く、否定する理由はないなと思いました。

4つのパターンということで、自動売買化できないかと考える方もいるかもしれませんが、自動売買の場合はどんなものでも裁量よりはパフォーマンスは落ちます。

水平線をどこで引くか、パターンが出たときの時間帯やボラなど何も考えずに一定のルールでやってもしれてます。

どういう点を見ていけばよいのかも大量の講義動画があるので参考にしていくとよいです。

また、この手法をしていて大負けするのも考えにくいです。

エントリーするのは勝敗がはっきりする場面かつ損切りが浅い場面に限られるからです。(ライン付近というのはそもそもそういうものです)

ネックになりそうなのは、損切りを絶対に行うということと、水平線を引くスキルを高めていくことだと思います。

再現性
勉強になるか
コスパ
販売ページの煽り

※販売ページの煽りは星が少ないほど煽りが強いと判断。

◆購入特典◆

購入者の方にはレビュー動画内で使っておりますカスタムインジケーター「railine」を付けます。

また販売者さまから特別に配布許可をいただいた以下の特典(全部動画での解説)もお付けします。特に②と③は重要かつ貴重な話なのでぜひ聞いて下さい。

  1. 「プロトレーダー須藤の失敗から学ぶ徹底メンタルコントロール術」
  2. 「NYタイムをモノにする!須藤の相場術を伝授」
  3. 「ローソク足をマスターするために必要なたった一つの考え方」

シークレットFXを特典付きで購入する

今回の教材には特典を付けてます。購入特典をキチンと受け取るためにはこちらを必ずご確認下さいね。

というわけで今回はけっこう検証依頼の多かったシークレットFXを実際に購入して検証してみました。少しでも参考になりましたら幸いです。