FXの過去検証ソフト・ツールはどれがいい?比較してみました

できるFXトレーダーは過去検証負けトレード検証を欠かしません。

それはわかっていながらも、面倒くさくて楽に勝てる商材を探し回っては失敗…って人、多いのではないでしょうか。

今回は改めて過去検証の重要性を理解して、過去検証やエントリー練習するならどんなツールを使うのが良いのかを見ていきます。

FXの過去検証ソフト・ツールはなぜ必要か

本気でFXを続けていきたいなら『過去検証』は必要不可欠です。

世の中には、「楽して勝率9割」「完全無裁量で自動で稼げる」など、過剰なうたい文句を売りにしているFX商材があふれています。

しかし残念ながら、そんな商材は詐欺まがいであることがほとんどで、無裁量で楽して勝ち続けられる商材なんて無いと断言しても過言ではありません。

やはり地道にトレードの腕を磨き、経験を積んでいくことが大事になります。

でも、実際のトレードで経験を積もうとすれば、資金も時間もいくらあっても足りません。

それどころか、実力が伴わないうちのトレードは、大損してしまうリスク、全財産を失ってしまうリスク、さらには借金地獄に陥るリスクも高くなります。無知ほど怖いものはありません。

ですから、リアルトレードの前に資金も時間も無駄にせず経験を積むために、過去検証ソフトというものがあるんです

過去検証ソフトにも色々なツールがありますが、通常のデモトレードより数倍速以上短縮してデモトレードができる機能があるので、リアルトレードの何倍も短い時間でたくさんの経験を積むことが可能です。

FXトレードで勝率100%というのは不可能なことですが、少しでも多く勝って安定した稼ぎを続けていくために、過去検証ソフトの重要性をさらに詳しくみていきましょう。

 

FXの過去検証ソフトでできること

過去検証ソフトと言っても、そのツールによって特色(得られる知識やスキル)は様々なのですが、大まかには次の3つの意義があります。

①自分のトレードスタイルを確立する

自分が思いついたトレード案、ルールをリアルタイムのチャートで試すのではなく、過去チャートで振り返ってみます。

これを何度も繰り返すことで精度の高めていくこともできますし、自信をつけることもできます。

もちろん過去検証だけでは完全に確立はできませんので、そのあと実践検証は必要になりますが、まずは過去チャートで検証することで大幅な時間短縮と効率化を図ることができます。

 

②チャートパターンやロウソク足の動きから相場のクセを学ぶ

トレードロジックを取得することも大事ですが、もっと大きな視点で為替相場の値動きのクセを知ることも重要です。

相場のクセが読めるようになれば、裁量トレードをしていく中で大きな力になります。

過去のチャートパターンやロウソク足の動きを見て分析していくことで、リアルトレード時の予測精度が格段に上がります。

結果的に、色々なロジックを用いた時の制度も上がることにつながるのです。

 

③商材やトレードツールのテスト・デモトレードを行う

世に出回るFX教材はたくさんあって、監修するトレーダーが提供するロジックも様々です。

まだあまりFXの経験がないのに色々な知識を詰めこもうとしても、結局は頭でっかちになりすぎてかえってこんがらがってしまいますよね。

数あるロジックの中で、実際に勝てるもの、自分に合っているものを見つけるのは簡単なことではありません。

実際にトレードしていく中でそれを見つけようとすれば、資金も時間も膨大に必要になります。

そこで、まずは過去検証ソフトの過去チャートで色々なロジックを試して勝率などをしっかり検証し、納得のいく精度のロジックだと実証してからリアルトレードに進むのが定石です。

トレードのサインツールやテクニカルインジケーターも、たくさんの種類が世に出ていますが、これもいきなりリアルトレードで試すのにはリスクが大きいですよね。

そんな時にも過去チャートでデモトレードして検証してみることをおすすめします。

通常のデモトレードだと時間がかかってしまいますが、過去検証ソフトを使うことで短縮して検証作業をすることができます。

商材にもクセがあるので、それを見極めて使いこなす練習にもなります。

商材のうたい文句に踊らされず、実際の実力を検証してからリアルトレードで使用しましょう。

 

FXの過去検証ソフト・ツールのおすすめ

過去検証ソフトの重要性をご説明してきましたが、過去検証ソフトにも色々あります。

いざ過去検証ソフトを選ぶとしたなら、どれを選べばいいのでしょうか?

ここでおすすめするのは『ForexTester3』という、機能も多く人気の高い過去検証ソフトです。通称FT3(エフティースリー)と言われます。


Forex Tester

Forex Tester 3は、FXマーケットの実際の過去の値動きを見てチャート分析したり、売買してトレードのバックテストができるなど、本気でFXトレーダーを目指す人におすすめのソフトになっています。

水平線やインジケーターもMT4に搭載されているようなものは使用可能で、FXマーケットのデータも無料提供されています。

FXマーケットがクローズしているときでも、いつでもチャートを動かしてトレードの練習が可能。

初心者がトレードを基礎から勉強するのにも、中級者以上がトレード戦略を開発・テストするのにも最適です。

検証時間を短縮することができるのはもちろん、チャートの巻き戻しができるのも特徴の一つです。

売買記録の統計データが自動集計されるので、自分の手法はどのくらい利益が出るのかというのもわかります。

リアルトレードの前に、自分のパフォーマンスを実際の値動きでバックテストして知っておくことは必須ですから、この機能は欠かせません。

また、Forex Tester3は16通貨の過去17年分の実際の値動きを見ることも可能。たくさんのチャートを分析し、ローソク足やインジケーターなどの動きから値動きを予想する経験を積むことができます。

Forex Tester3はデータサービスも提供。データサービスを購入すると、ブローカーが配信した実際のプライスをForex Tester3へと速やかに配信してくれます。

より精密な検証を行いたい場合や、昨日のデータですぐに検証をしたいという場合におすすめです。

ForexTester3を使うメリットは?

・ForexTesterは、土日や空いた時間にいつでも、チャートを動作させて疑似トレードができる!
・ForexTesterの特徴の一つは、チャートの巻き戻しができること!
・ForexTesterならでは!動かすスピードを任意に変更可能なので時間短縮ができる!
・もちろんローソク足を1本ごと進めたり戻したり、手動でも動作させることができる!
実際に操作している動画はこちら!
・ForexTester付属のインジケーターのパラメーターを変更して同じ期間を何度も検証できる!
・ForexTesterを使ってネットや本から得た手法がどれくらい有益かどうかのトレードテストができる!
・裁量トレードだけでなくForexTesterは一度に複数の自動売買ストラテジー(EA)のテストもできる!
・ForexTesterでは、テスト結果を集計して一覧表にできる!
・ForexTesterを一度購入すれば毎月最新の無料データがダウンロードでき、それ以上お金がかかりません!
・ForexTesterの有料データでは、昨日のチャートを動作させて、リベンジトレードができる!(毎日更新)

 

ForexTester3の値段は取り扱い通販サイトによって異なりますが、安いところで35,000円ほどで販売されています。

本気で取り組みたい人にはおすすめです。

私自身は以前からForexTester2を利用しており、ForexTester3が販売開始になってからはFT3を使っています。


Forex Tester

 

FXの過去検証ソフト・ツールを比較してみた

さて、過去検証ソフトって結構な値段するんだ…と思った人もいると思います。

もっと安くてそれなりに機能も多いソフトはないの?という人のために、ForexTester3以外の過去検証ソフトにはどんなものがあるのかご紹介します。

代表的な3つのソフトについてご紹介&比較してみます。

MT4裁量トレード練習君プレミアムはこんな検証ソフト

コスパが良い検証ソフト代表として、『MT4裁量トレード練習君プレミアム』があります。その特徴としては…

➀MT4をベースとしており、チャートを動かす速度を調節できる

かなり細かく、224段階調節ができ、一時停止機能もあるので、自分に合ったペースでじっくり考えながら練習することができます。

②4つの時間軸を同時に動かせる

MT4裁量トレード練習君プレミアムは、メインの時間軸プラス3つの上位時間軸を表示することができ、同時に動かしてマルチタイムフレーム分析の練習できます。

③ロット調節・注文・決済・損切りの設定を毎回変更できる

自分の実力や相場のボラティリティに合わせて、ロット数や分割決済、指値注文、損切りの設定を毎回変更することができます。

④MT4で動くインジケーターは全て使用可能

MT4裁量トレード練習君プレミアムはMT4を使うので、MT4で使えるインジケーターであれば全て表示させて練習することができます。

⑤データは1分足単位でブローカーから無料ダウンロードできる

MT4のデータを1分足単位でブローカーから無料でダウンロードすることができ、MT4を起動させておけば1分単位で更新されます。

ForexTester3では、無料データプランの場合は一ヶ月に1回しか更新されず、毎日更新されるデータは有料になります。

ただし無料データだと若干信頼性に欠けることはあります。

⑥複数台のパソコンにインストール可能

ForexTester3では、1つのアカウントは1つのパソコンでしか使用できず、複数台のパソコンにインストールするならライセンス料金がパソコンごとにかかります。

MT4裁量トレード練習君プレミアムは、1つあれば複数台のパソコンで使用できます。

⑥チャートを巻き戻すことは不可能

MT4裁量トレード練習君プレミアムはチャートの巻き戻し機能はありません。前のチャートをもう一度見たい場合は、一度止めてから再スタートする必要があります。

⑦金額が安め

MT4裁量トレード練習君プレミアムの値段は19,800円。データも無料でダウンロードできるので、かなりコスパが優れています。

詳細はこちら↓

FXトレードギアはこんな検証ソフト

次は数々の有名FX商材でお馴染みのクロスリテイリング社からの検証ソフト、『FXトレードギア』の特徴をみていきましょう。

➀サインインジケーターやツールを入れて検証できる

トレードギアの大きな特徴は、クロスリテイリング社のサインツールを入れて検証したり練習することができることです。

過去検証用シートに検証結果を記録することで、自分の実力やロジックの精度を知ることができます。

②ロジックやトレードを学べる特典がたくさんついてくる

FXトレードギアには、FX‐Katsu氏の「元祖スキャルロジック」という、ボリンジャーバンドやMACDとダウ理論を組み合わせた5分足スキャル動画がついてきます。

そしてさらに、トレンドやボラティリティの出やすい通貨ペアを判断する環境認識や、レンジブレイク手法の解説テキスト、デイトレ動画など、クロスリテイリング社らしいたくさんの特典がついてきます。

③サポート体制も充実

クロスリテイリング社のサポートも充実しているので、疑問点や不明な点があれば小さなことでも確認することができ、解決しやすい体制が整っています。

④MT4で動くインジケーターは全て使用可能

FXトレードギアはMT4を使うので、MT4で使えるインジケーターであれば全て表示させて練習することができます。

⑤チャートを巻き戻すことは不可能

FXトレードギアにはチャートを巻き戻す機能はありません。

⑥MTF分析はできない

FXトレードギアはマルチタイムフレーム分析はできないようになっています。

複数の時間足を同時に見たい人には向きませんが、1つの時間足を集中して検証、練習したい場合には問題ないでしょう。

⑦過去検証ソフトとFX教材セットと考えれば価格は妥当

FXトレードギアの販売価格は39,800円と、それなりの金額です。

でも過去検証ソフトだけでなく、FX‐Katsu氏のロジックが学べる教材のセットと考えれば、お得な価格設定かもしれません。

詳しくは詳細ページをご覧下さい↓

FXトレードギア詳細ページ

 

MT4裁量バックテスターはこんな検証ソフト

検証ソフトとしては破格の値段でありながら、ForexTester3に近い機能があるツールとして有名なのが『MT4裁量バックテスター』です。

➀とにかく価格が安い

MT4裁量バックテスターは、1年ライセンス2,500円という価格設定です。

3万越えの過去検証ソフトも多い中、破格の価格といえます。

②MT4で動くインジケーターは全て使用可能

MT4裁量バックテスターは商品名にもなっている通り、MT4のストラテジーテスターを利用するので、MT4で動くインジケーターは全て使用可能です。

③複数時間足のチャートを動かせる

マルチタイムフレーム分析の練習には欠かせない、複数時間足のチャートを同期させて動かす機能があります。

④ローソク足を1本ずつ再生できる

クリックするごとに1本ずつローソク足を進めることができるので、自分のペースで分析や練習ができます。

⑤練習結果が表示されたりファイルに保存も可能

トレード練習をした結果がチャート上に表示されたり、ファイルに記録することができるので、自分のトレード結果を分析したり反省することができます。

⑥トレーリングストップや分割決済、自動ナンピン設定が可能

トレーリングストップ(トレール決済注文)という売り方の手法や分割決済、初心者には難しい自動ナンピンの練習をすることもできます。

⑦チャートを巻き戻すことは不可能

指定した日時からチャート再生をすることはできますが、チャートを巻き戻す機能はありません。

⑧初期設定が面倒・詳細設定ができない機能もあり

初期設定が結構面倒なのでパソコンの知識が無い人には不向きです。

価格を考えれば妥当な気がしますが、ロスカットなどの詳細設定ができない部分もあります。

 

まとめ

過去検証の目的や方法は千差万別ですが、なるべく損を少なくFXを続けていきたいなら省くことはできない重要な作業です。FX専業トレーダーを目指すなら尚のことですね。

楽に稼ぐことばかり考えて、詐欺まがいの商材に踊らされたり、過去検証を怠っていては、お金も時間も大損してしまうことになりかねません。

過去検証ソフトを使うと、

  • 資金を少しでも無駄にせず、大損を防ぐ
  • 時短で検証したり経験を積むことができる
  • 色々な種類のインジケーターの使い方などの理解を深めることができる
  • 自分に合ったロジックや教材を見つけるためにデモトレードができる
  • チャートの分析やローソク足の見方、損切や決済方法について、裁量トレードが学べる
  • 勝率などのデータをまとめて見れるのでトレードの実力がわかる
  • 自分のトレードに自信をつけることができる

など、さまざまな利点があります。今回紹介した検証ソフトの中で自分の用途や目的に合ったものがあれば、試してみるのもいいかもしれません。

過去検証や練習でまずはルールを固めて、その後実践検証に移りましょう。

過去検証とは違い、実践検証ではメンタル面も影響したり、過去検証できないこと(MAやボリバン、ティックの値動きなど)も見ていく必要があります。

もちろんリアルトレードでの結果をふり返り反省することも大切です。

勝ち負けに関係なく、良かった点や悪かった点、その時のチャートの分析などを行い記録するようにしましょう。