D評価

1分スキャル・レジェンドセオリーは勝てない!?検証レビューしました。評判通りの商材なのか?

rai
rai
今回はバイナリー商材である1分スキャル・レジェンドセオリーの検証・レビューしていきます。

1分スキャル・レジェンドセオリーは「出来高」に注目した教材。

バイナリーオプションの教材ですが、FXでも使えるロジックも提供されているとのこと。

販売ページを見るといつものように「いやいや(笑)」となりそうな過激な文言の数々。

実際どうなのか?検証・レビューをしていきたいと思います。

1分スキャル・レジェンドセオリーのスペック

まずはスペックです。

1分スキャル・レジェンドセオリーのロジックは「出来高」に注目し、トレンド発生を見極めてエントリーしていくロジックです。

基本は5分足と1分足ですが、その他時間軸でも応用可能。

手法 5分足と1分足を使ったトレンドフォロー型
ツール トレンド感知ツール・高性能サインツール
価格 79800円(税抜)

 

1分スキャル・レジェンドセオリーの作者(本庄翔悟さん)はこんな人

※販売ページより

1分スキャル・レジェンドセオリーの作者は本庄翔悟氏です。

本庄翔悟氏はどん底のホームレス生活をしていたこともあるという異色のトレーダー兼会社経営者のようです。

販売は数多くのFX教材を世に出しているクロスリテイリング。

クロスリテイリングのFX-JIN氏やダイスケ氏などとは以前から親交があり、投資教育などに共感したためクロスリテイリングとタッグを組んだとのことです。

 

1分スキャル・レジェンドセオリーを検証・レビュー

1分スキャル・レジェンドセオリーの基本的なロジック

1分スキャル・レジェンドセオリーは「出来高」に注目していると言いました。

出来高はMT4に標準搭載されている「Volumes」というインジケーター。

そうすると下に表示されるのがVolumeです。

ローソク足の長さと出来高を見比べて、どの動きが信頼できるものかを見比べるというものになります。

この考え自体は株でも使われますし、それこそ100年前くらいから着目されていることです。

※公式動画より

1分スキャル・レジェンドセオリーの基本的なエントリー手順

1分スキャル・レジェンドセオリーには2つのツールがあります。

  • トレンド感知ツール
  • 高性能サインツール

トレンド感知ツールは出来高とローソク足からトレンドの初動と方向性を見極めるためのツールです。

サインツールは押し目や戻り目を判断し、エントリーポイントを知らせてくれるツールです。

エントリー手順としては5分足チャートで★マークが出たらトレンド初動と判断。

その後、1分足に切り替えて☆サインのあとの矢印がでたらエントリーという流れです。

バイナリーの場合はこれに従って取引をし、FXの場合は逆トレンド発生で決済タイミングとするロジックのようですね。

※公式動画より

1分スキャル・レジェンドセオリーのメリット・デメリット

ネックになるポイント

バイナリーオプションは資金効率がよいというのはどうだろう?

バイナリーが資金効率がよいというのは私には疑問です。

国内証券会社では判定時間の関係から使いづらいですし、海外証券会社では税金面、口座凍結などもあるため資金効率がよいかどうかというと疑問はあります。

※公式動画より

「数億円くらいだったらバイナリーのほうが早いんじゃないかな」と発言されてます。

確かに少額の段階ならバイナリーの資金効率はよいのですが、私的には1千万円~2千万円くらいまでかなと思っています。

それ以上稼いでも問題ない証券会社というのはどこを使っているのか気になりますね。

2019.5追記:結果的にはハイローオーストラリアでした。

どこまでの裁量要素が必要か

サインツールがあるということは明確なルールが存在しているはずです。

自動売買でもよさそうなものですが、そうしないのは裁量が入る要素がそれなりにあるからでしょう。

でも販売ページだけ見ると初心者でも簡単に判断できるような触れ込みになっています。

これも気がかりな点です。

2019.5追記:裁量が多くて私の頭では理解不能でした。

学びの要素

あまりにもシンプル過ぎて学びの要素は少ない気もします。

これは中身を見てみないとわかりません。

2019.5追記:基本的には出来高とローソク足の流れをくみ取るということでした。

評価できるポイント

1分スキャル・レジェンドセオリーのロジック、エントリー手順などはシンプルなようです。

色んなインジケーターをごちゃごちゃ入れて複雑にするようなものが苦手な人にはよいですね。

またこの出来高を使ったロジックは、別の手法を使っている際にも合わせて見ることができる根拠になります。

なので既に自分のロジックがあるという人には、さらにエントリー精度を高めるために使うというのもよさそうです。

2019.5追記:これは予想した通りでした。理解できるなら武器にはなりえます。

 

1分スキャル・レジェンドセオリーの評価

再現性
勉強になるか
コスパ
販売ページの煽り

※煽りが強いほど星は少ない

こんな人におすすめ
  • サポートがしっかりしているのが良い人
  • 出来高に興味がある人
こんな人にはいまいち
  • 裁量要素が多いのは好まない人
  • きちんと説明してほしい人
  • 動画などの説明を見るのが面倒な人

2019.5追記

私が実際にやってみた感想としては、出来高だけでも相当色んな見方ができるんだろうなと思いました。

ただ、私には1からそのレベルにこの教材でいける頭がないですし、気合入れて徹底的に出来高を極めてやろうというモチベーションも湧きませんでした(笑)